0120-07-3988

お問い合わせ

メニューを開く

interview

#12

西尾市 I様邸

スプーンカットの梁がオシャレな家事ラク!のお家

スプーンカットの梁がオシャレな家事ラク!のお家 画像

▼お施主様から頂いたお手紙です!

 

「安藤さんに電話しようか。」幼い頃から、家の事で何か起きると家を建ててくださった「安藤さん」に連絡するのが実家の当たり前でした。

実家は築20年ほどですが、とても丈夫で特に大きな修繕も必要なく過ごしています。

建ててもらったときもとてもよくして頂いたようで、両親ともに信頼しているのが伝わってきます。

 私も結婚して、いざ家を建てようとしたとき、「安藤建築に相談してみるといいよ。」と両親から言われました。

でも、その時は正直「工務店=大工さんが建てる昔ながらの家、安いけど安全性が不安」というイメージであまり気乗りせず、

他のメーカーを検討しようと夫婦で話していました。

大手のハウスメーカーの話を聞けば聞くほど、それぞれの考えがあって何が良いのかよくわからなくなってきた頃、

一度安藤建築の話も聞いてみようと相談に行くことにしました。

社長に「耐震性が不安」「おしゃれな家が建てたい」

ということを伝えると、ハウスメーカーで聞いてきたそれぞれの工法のメリットデメリットを教えてもらったり、

実際に安藤建築で建てた家の写真を見せてもらったりしました。

それでもなんだかもやもやしている私たちの姿に気付いてか、後日地盤改良をしている現場や、おしゃれな家巡りなど、

今思えばこんなにしてもらって……と恐縮するほど、安心させるために手を尽くしてもらいました。

何度も何度も社長の家づくりに対する熱い思いを聞いているうちに工務店に対する不安はすっかりなくなり、

安藤建築で家づくりをしたいと思うようになりました。

 

家づくりでのこだわりはたくさんあります。

夫婦共働きで毎日忙しいなかで、ついつい洗濯物が山になってしまうことが悩みでした。

それをなんとかするために、洗濯する→隣のサンルームに干す→和室の窓を開けて取り込む→和室でたたむか、階のクローゼット

にかける。すぐに出来ないときは和室のドアを閉めて隠す!が出来る動線にしました。

キッチンや脱衣室などの散らかりやすい場所も、急にお客さんが来ても慌てないように、見えない間取りになっています。

子供が産まれて思うようにじかんが取れない今でも、いざとなれば隠せると思うだけでとても楽ちん。

心に余裕を持って子供との時間を大切に、生活できています。

 トイレやキッチン、テレビのうしろのタイル、屋根の瓦、玄関のヘリンボーン、照明、リビングの梁などは、

友達が来ると「おしゃれ!」と褒められます。

新居を想像しながら時間をかけてじっくり選んだものだからこそ思い入れがあるし、毎日目に入るたびに幸せな気持ちになります。

和室の机にも床にもなるからくりも、高さの変わるダイニングテーブルも、時や場合に合わせて変えながら楽しんでいます。

 

 でも何より安藤建築で家づくりをして良かったなと思うことは、人の良さです。素人の私が思い付きでお願いしたことも、

「大丈夫!何でもできるよ!」と受け止めてくれる社長をはじめ、どんな時でも優しく、現場に何度も足を運んで時には

一緒に作業もこなす専務、センス抜群で明るく、家づくりだけではなく出産や子育ての相談にまでのってくれるさやかさん、

私たちの希望をすべて盛り込んだ素敵な間取りを考えてくれた山下設計士さん、細かい気遣いをしながらていねいに

仕事をしてくれた、おしゃべりも楽しい大工のよっちゃん。

書ききれないほど多くの人と関わりましたが、全員がお話しやすく、温かい雰囲気で、家づくりに一生懸命で、

今後も実家の家族のように一生のお付き合いをしていきたいなと思う方ばかりです。

「これがしたい!」をすべて叶えていただき、思う存分家づくりを楽しめました。

住み始めて2年が経ちますが、これからも家族の形や住まい方に合わせて、少しずつ手を加えてながらますます大好きな家にしていきたいなと思います。

これからも、よろしくお願いします。

 

この家の施工事例はこちら>>>https://www.100s-life.jp/case/case24.html

その他のお客様の声

ContactContact

お問い合わせはこちら

オンラインでもご相談可能です。
ホームページを見ましたと、
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 株式会社 安藤建築. All Rights Reserved.